何者とでも仲良く、大きく浅く付き合う企業の難しさ

知り合いには運勢というものが付き纏う。ぎゅっとS・Kぐらいの世代からは「どなたとでも仲良く付き合う」というのが困難に思えて生じるシーズンです。ボクはS・Kが消えた方を漠然と見つめながらそんなことをぐいっと考えていたが、近々眼差しを引き戻すとボクはN・Tの後を追うように状態を降りて行った。
「おせーよ」
 新宿野原往きのメインではM・Tが待ちくたびれていた。
「まだまだこれがな。説教臭いもんで」
「何か最初悶着あったのか?っていうかS・Kは?」
「後ろだよ。人物は実家が八王子野原だから」
 どうにか仲良くなれたのに、言わばN・Tには申し訳なく思えた。
「これ。S・Kの住所な」
 N・Tはいつの間にやらS・Kと住所買い替えを済ませていた。会ったその日に交換するのは交際性の残る若者の縁故では自然なのだろうか。
それだけ急ぐ必要があるのだろうかと問い合わせに思いつつも、ボクは当面おくるつもりの乏しいS・Kのナンバーを申し訳程度にアドレスに登録した。http://www.bristolnightlife.co