(ジョコビッチ抜き世界1位確定マレー 苦戦も初V、今季8勝目<男子テニス>)の記事を観て

アンディ・マレーがノバク・ジョコビッチを抜いて世界1位に成ったそうです。ノバク・ジョコビッチは2014年7月から世界1位に君臨、素晴らしい選手である。錦織圭選手の試合をテレビで観ていると、錦織圭選手の優勝を阻むのは何時もノバク・ジョコビッチの様な気がしてならないのである。今回、そのノバク・ジョコビッチを抜いてズート2位で有ったアンディ・マレーが1位になったとの事である。男子テニスのBNPパリバ・マスターズでアンディ・マレーが優勝、ノバク・ジョコビッチは14勝0敗のチリッチに敗れた。ノバク・ジョコビッチの不調の原因が書かれてあった、通常共にツアーを回っているB・ベッカー(ドイツ)とM・ヴァイダの2人のコーチ姿が無く、元プロテニス選手だった「愛と平和」を唱える教祖イマズとの関係が公に成ったとの事である。さも教祖と呼ばれる方が悪いみたいに書かれているが、多分、調子が悪いのが先で、教祖に頼る様に成ったのは,後だと思う。最高峰に居る者は辛いと思う、誰も頼れる人が居ないからである。コーチは頼れるかもしれないが、本人の考え次第で如何にでも成る存在でもあるのです。http://www.hrnk.biz/